知っておきたい食中毒・感染症の原因

食中毒や感染症の問題の原因と対策は実はとてもシンプルなんですね。

知識を持つと心配なことも増えますが、原因をしっかりと理解し、対策を実践することが本来の目的です。食中毒の原因は大きく分けて次の三つです。

  1. 原材料の衛生管理に不備がある
  2. 食材や調理済み食品の温度管理に不備がある
  3. 二次汚染につながる食品の取扱いに不備がある

この三つの不備をなくすことで、多くの食中毒は防ぐことができるのです。
1.原材料の衛生管理
原材料の衛生管理でできることは、まずはよいものを購入することです。ここで言う「よい」とは、鮮度はもちろんのこと、信頼できる店や業者ということも含みます。その上で、食材の洗浄・殺菌など、自分(自社)でできる衛生管理を行なうことです。

2.食材の温度管理
温度管理は、食材でも調理済み食品でも大変重要です。学校給食では冷蔵庫の設置環境が改善されたことで大きく事故を減らすことができました。「できるだけ低温で食材や食品を管理する」「迅速に扱って温度上昇がないように配慮する」ことです。また加熱時には、表面だけでなく、中心部分までしっかり熱を通すことが大切です。

3.二次汚染を防ぐ
細菌やウイルスを食材や食品につけてしまうことを二次汚染と呼びます。二次汚染を防ぐためには、人の手や調理器具をしっかりと衛生的に保つことです。具体的には洗浄と殺菌によって細菌やウイルスに汚染された状態を作らないことです。また未加熱の食材(つまり細菌などが付着している)と加熱済みの食品(細菌などはいないはず)を接触させないように区別する管理も大切です。

感染症の予防の考え方も基本的には同じです。手指の洗浄と消毒、マスク等で体内への微生物の侵入を防ぐなど、基本的など対策をしっかり行なうことが重要です。知識を持った上で、なぜそれが必要なのかを理解して実行することが、最高の予防策になるのです。

ということで、やはり、分子レベルで雑菌・細菌をやっつけてくれる脱臭機は非常にすぐれた食中毒・感染症対策になりますね。

(参考記事)
脱臭機のすすめ