Boston帰りの飲食店親父がボヤくブログ

脱臭機とは

  • HOME »
  • 脱臭機とは

脱臭とは

脱臭機というと、「富士通ゼネラル」や「DAIKIN(ダイキン)」などの製品を思い浮かべる人も多いだろう。

ところで、厳密に「脱臭機」とはどのような製品を指すのだろうか。ん?そもそも、「脱臭」と「消臭」って違うのかな? このページはそんな人にお読みいただければ幸いです。

脱臭とは、分子レベルから分解しニオイを除去することであり、消臭とは、不快なニオイをそれよりも強い香気で覆い隠すことです。基本的には、こんな感じです。

つまり、どういうことかいいますと、脱臭は本気で、消臭はその場しのぎということなんです。まぁ、実際、「その場しのぎ」でも役に立つことはありますので、消臭がダメ!と言っているわけではありませんので誤解されないようにしてくださいね。

ということで、至極当然のことですが、脱臭するのが脱臭機や脱臭剤。消臭するのが消臭器、消臭剤と呼ばれています。で、ここでさらなる疑問が出てくる方もいらっしゃると思います。

「脱臭機と空気清浄機の違いってなに?」と。

最近では、空気清浄機も加湿器やら脱臭機能やらいろんな機能が中途半端について、個人的には、あの説明書ばかりが分厚くなってロクな機能がない不毛なガラケー時代を思い出します(苦笑)

空気清浄機はチリやホコリ、PM2.5とかに有効で、脱臭は分子レベルの菌を撃退してニオイを除去します。それぞれ役割が違うわけです。で、空気清浄機に脱臭機能が付いていれば最高だよね!と皆さん思いますよね?

実際には、そんなに機能をいくつも積まないほうがいいわけですが、多くの方がそう考えたりすることをメーカーの人たちは知っているので、そのニーズに応えるんです!

ただ、空気清浄機と脱臭機能をそのまま100%ずつ積めるはずもないので、それぞれの機能を削ったり、故障する確率や製品としてのリスクが高まっちゃう部分はあるけど仕方ないね、と妥協して見事「脱臭機能付きの空気清浄機」が完成して電気屋さんやネットで売られているわけなんです。

場合によっては空気清浄機を選んだほうがいいときもある

富士通トリプル脱臭

富士通トリプル脱臭


ニオイを消したいと考えとき、基本的には脱臭機が適しているケースがほとんどですが、ときには、空気清浄機のほうが適しているときもあります。まずは、ご自身の場合、そのニオイのもとを分子レベルで無くすことがいいのか、あるいは、チリやホコリやその他、浮遊物をなくしたいのかを明確にする必要があり、それを考えることがあなたが抱えている問題を解決する近道になるでしょう。

もし、空気清浄機が適しているというケースであれば、そのほうが脱臭機を購入するより安くすみますね。基本的には、空気清浄機より脱臭機のほうが高いです。空気清浄機のほうがたくさん普及していることも関係していると思いますが...

では、脱臭機はどういう人たちが使っているのかというと、業者、いわゆる「プロ」「専門家」の人たちですね。それこそダスキンとか、ですかね。つまり、私たちは、脱臭機を使ってニオイ問題を解決している人たちにお金を払って脱臭してもらっていることが多いということです。そして、その中で「えっ、じゃあ、自分でやっちゃうよ!」という半分プロというか凝り性の(私のような)一般人が脱臭機を使っています。

(参考記事)
脱臭機のすすめ

PAGETOP
Copyright © Create Boston All Rights Reserved.